”シンプル”なデザインを、”フツー”のWEBサイトを

前回からだいぶ間が空いてしまいました。あまりダラダラしていても仕方ないので、サクッと終わらせたいと思います。

ここまででWordPressのテーマとしての最低限の部分が出来ていると思いますが、最後は404ページを作ります。

404ページの役割

ここで僕なんかが偉そうに講釈する必要もないのですが、結論からいえば404ページとはユーzびりティーの一種と考えて問題ないかと思っています。まあ、「今のところ」ですが。

というのも、404ページがユーザーの目に触れるパターンとして、検索結果からのページ遷移時が最も考えられるパターンかと思います。しかし、Googleのロボットはこの検索結果より先のページは巡回していないらしく、このことから推察すると404ページが表示されてしまうことのSEOへの直接の影響は無いと考えられます。

ただ、サイトを見てくれているユーザーが何かのきっかけで存在しないURLにアクセスしてしまった場合、混乱させないように用意はしておいた方が親切なのかな、と。

また、404ページの存在がSEO的にマイナス面は無いにしても、より回遊しやすくしてあげて逆にSEO効果を高める、という考え方もあるようです。今回はそこまでやりませんが・・・

SEO効果を最大化するための404エラーページのカスタマイズ方法
ユーザーにとって最高に利便性の高いサイト、そして極限までSEOを考慮したサイトを実現するために必須の404エラーページのカスタマイズ方法をはじめ、その役割やSEO効果...

で、肝心の404ページの中身

前置きが長くなってしまいましたが、今回作る404ページの中身についてです。

404.php

まず404.phpというファイルを作って下記をコピペします。

<?php get_header(); ?>

<div class="container">
	<article class="notfound">
		<p class="headline">404</p>
		<h2>このページは存在しません</h2>
	</article>
</div>

<?php get_footer(); ?>

ループも条件分岐も何も無いのでものすごくシンプルです。

style.css

style.cssには下記を追記します。

.notfound{
    text-align: center;
}

で、存在しないURLを適当に入力するとこんな感じになります。

もちろん、本来であればここに検索機能やカテゴリーの一覧などを付けてあげるとベストかも知れませんが、その辺は好みもあると思いますので(という言い訳)。

これまでのまとめ

ということで、ここまでものすごくシンプルなWordPressのテーマの作り方を書いてきました。

一応、こちらにファイル一式をアップしておきますので、もし使ってみたいなんて奇特な方がいらっしゃいましたらご自由にどうぞ。恐らく問題無いと思いますが、万が一サイト全体に悪影響が出てしまっても申し訳ないので、必ず諸々バックアップしてから使われることをオススメします。

SAMPLE