”シンプル”なデザインを、”フツー”のWEBサイトを

仕事でWordPressのカスタマイズをする際、ローカル環境で作業が出来るとかなり便利。というか安心してカスタマイズを進められます。最悪どうしようもなくなったら最初からやり直せば良いので。既に運営されていたり、同時進行で記事を投稿していたりすると、尚のこと干渉し合わないように作業をした方が楽です。

そんなとき、これまでXAMPPをつかってローカルでのWordPress環境を構築していたのですが、最近Local by Flywheelなる無料ツールの存在を知って、早速導入してみました。これが、「導入」なんて言葉をつかうのもおこがましいくらい簡単だったので、紹介したいと思います。

まずはとにかくLocal by Flywheelをダウンロード

Local by Flywheel | Local WordPress development made simple
Local by Flywheel is a free local development environment designed to simplify the workflow of WordPress developers and designers. Download it for free today!

まずは上記サイトからダウンロード。Windows版とMac版があります。ちなみに僕は根っからのWindowsユーザー。Macは電源の付け方すら知りません。デザイナーの風上にも置けない不届き者です。環境次第ですが、ダウンロードに少し時間がかかりました。

インストールの手順

ダウンロード出来たファイルを開きます。すると下記の画面になります。

勇ましく「LET’S GO!」と書かれたボタンをクリックするとインストールが始まります。

無事にインストールが終了すると下記の画面になるので、早速「CREATE A NEW SITE」をクリック。

次にサイトの名前を入力します。Local上のプロジェクトネームみたいなものでしょうか。サイト自体のタイトルは後でWordPressのダッシュボードで変更出来るので、適当で良いと思います。

色々オプションを選択出来るようですが、僕みたいにこだわりが無ければデフォルトのままで良いと思います。

PHPやMySQLのバージョンなども選択できるようですが、基本的にここもノータッチで問題ありません。「Preferred」を選択した状態で「CONTINUE」をクリック。

WordPressのダッシュボードに入るためのユーザーネームとパスワードを決めます。ここも他の項目はデフォルトで構いません。強いて挙げるならマルチサイトか否かを選択する場合があるくらいでしょうか。今のところ僕には必要ありませんが。

業務上の案件で試したので、サイト名等はぼかしておきますが、設定が終わるとこんな画面になります。

その後、右上にある「ADMIN」ボタンをクリックすれば、WordPressの管理画面に入ることができます。

WordPressの日本語化

WordPressの管理画面に入ったらまずは日本語化。「Settings(設定)」から「General(一般)」で「Site Language」で日本語を選択してください。これで無事にいつものWordPressの画面になるはずです。

画像ではわかりにくいですが、ローカル環境でも無事にWordPressのサイトが表示されました。

ちなみにLocalにインストールされたWordPressのファイルの場所ですが、Windowsではデフォルトだと以下の通りになります。
C:\Users\ユーザー名\Local Sites

使ってみた感想

概ね問題は無さそうです。普通にWordPressをつかっているだけなので。

1点だけ気になることが。CSSの修正が中々反映されないことがありました。ただ、調べてみてもそのような事例は見つけられなかったので、たまたま僕の環境下だけでの話かも知れません。また、インストールに結構時間がかかる場合があるようです。自宅のPCにも入れようとしたのですが、めちゃめちゃ時間がかかっていたので面倒臭くなって途中で止めてしまいました。それ以外はXAMPPと比べても導入が簡単だったりと非常に便利だと思うので、興味がある方は一度試してみてはいかがでしょうか。