”シンプル”なデザインを、”フツー”のWEBサイトを

僕は普段コーディングをするときSublimeTextをつかっています。もちろん以前はDreamweaverをつかっていましたが、CS6が出たときに試用版をつかってみたらものすごく動作が重くなってしまい・・・そのまま以前のバージョンを使っていても良かったのですが、HTML5への対応がいまひとつだった(確か)ため、そのタイミングでSublimeTextに乗り換えました。

何より無料(正確に言えばシェアウェアなので無料ではないですが・・・ただ時折出てくるアラートに我慢出来れば実質無料です。)なのが素晴らしいですが、自分の好み、用途に合わせて柔軟にカスタマイズ出来るのも大きな魅力です。なので、職場だけではなく自宅でもSublimeTextを使うようになりました。

ただ、ここで問題が一つ。カスタマイズ性が高いが故、色々いじってしまうと会社と自宅で同じ設定を2回繰り返さないといけなくなってしまいます。当然、もっとPCを所有している場合はその台数分です。これが面倒。かと言って、環境設定に差があるとどうしてももどかしい場面も出てきます。

そこで「これだけクラウド、クラウドと言っている世の中。設定を同期させる方法は無いものか?」と探してみたら、ちゃんとありました。まさにクラウドサービスの代名詞Dropboxをつかえば簡単に複数のPCでSublimeTextの設定を同期させることが出来ます。

Dropboxとシンボリックリンクをつかって同期させる

ものすごく大雑把に書くと、SublimeTextの設定ファイルをDropboxに置いて、各PCにはDropbox内の設定ファイルへのシンボリックリンクを作成する、ということのようです。なので、まずはDropboxをインストールする必要があります。もちろん個人向けの無料プランで充分です。

Dropbox
Dropbox は新しい働き方を実現するワークスペースです。ムダな作業を減らして、大切なことに集中できます。ログインしてクリエイティブに作業を進めましょう。

複数のPCでSublimeTextの設定を同期させる方法

まずは隠しフォルダを表示させておく

結構重要なポイントなのですが、今回の作業では「AppData」というフォルダに入る必要があります。なので、予めWindowsのフォルダ設定で隠しフォルダを表示させておいてください。

Dropboxに専用のフォルダを作る

次にDropbox内にSublimeTextの設定ファイルを置くフォルダを作ります。恐らく任意の名前で大丈夫だと思いますが、ここではわかりやすいように「SublimeText3」とします。

SublimeTextの設定ファイルをDropboxに移動させる

移動させるSublimeTextの設定ファイルは以下の2つです。

  • C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Installed Packages
  • C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages

なお、もしかしたら「C:\ユーザー\ユーザー名\AppData\~」と「Users」の部分がカタカナ表記になっているかも知れません。僕の会社のPCはそうでした。まあ、特に気にする必要も無いようです。

万が一失敗した際に元に戻せるよう、どこかにバックアップを残しておいた方が安全です。

上記の2つのフォルダをDropbox内に作った「SublimeText3」フォルダに移動させます。(コピーではなく「移動」。

シンボリックリンクを作成する

シンボリックリンクを作成するにはコマンドプロンプトをつかう必要がありますが、大丈夫です。ほぼコピペで済みます。

まずはコマンドプロンプトを開きます(「すべてのプログラム > アクセサリ」等にあると思います)。開く際には、右クリックから「管理者として実行」で開いてください。

上のような画面が開くと思いますので、ここに下記のコマンドをコピペしてください。

mklink /d "C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Installed Packages" "C:\Users\ユーザー名\Dropbox\SublimeText3\Installed Packages"

mklink /d "C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages" "C:\Users\ユーザー名\Dropbox\SublimeText3\Packages"

すると、このような画面になります。

で、PCの方のSublimeText3フォルダの中はこんな感じかと。(他に色々入っていますが気にしないでください・・・)

2台目以降のPC

2台目以降のPCでは、元々の設定ファイルをどこか別の場所にバックアップとして移動(コピーではなく「移動」。)させた後、コマンドプロンプトの画面に先ほどのコマンドを入力して、Dropbox内の設定ファイルへのシンボリックリンクを作ってあげれば、1台目のPCのSublimeTextと環境が同期されるようになるはずです。