”シンプル”なデザインを、”フツー”のWEBサイトを

今日、9月12日で我が家の娘ことハッピーガールちゃんが無事に1歳になりました。去年のこの日に産まれてきてから早や1年。本当にあっという間です。僕の人生の36年の間で最もあっという間に過ぎていった1年なんじゃないでしょうか。

こうして何事もなく誕生日を迎えることができるのも、毎日ハッピーガールちゃんに付きっ切りでお世話をしてくれている妻のおかげです。感謝してもしきれません。風邪で辛いときも、夜泣きに付き合って寝不足のときも一生懸命育ててくれている姿には頭が上がりませんね。一応、僕も可能な限り子育てには参加しているつもりですが、それでもやっぱり何かあったときには母親である妻の力が必要な毎日です。母親って偉大です。

初めての誕生日の記念に

記念写真を撮影

写真屋で誕生日記念の写真を撮ってもらいました。場所は横浜のセンター北駅近くにあるスタジオオリガミというところです。

studioOrigami|横浜にある低価格のフォトスタジオ|データお渡し
大切な赤ちゃんの写真を気軽に撮影してほしいとの 思いから低価格にて全てのデータをお渡ししており、シンプルでナチュラルな写真を提供しております。

値段は平日料金でなんと5400円でした。印刷は無しでCD-Rで撮影データを受け取る形になります。(もちろんオプションでアルバム等色々付けれますが、我が家は何も追加しませんでした。)料金が0一つ違って、かつデータの引き渡しは一年後なんていう某スタジオア〇スで撮影したお宮参りの出来事がバカらしくなってきます。

撮影していただいた写真も素敵なものばかりなので、次から節目の写真撮影はこちらにしようと思っています。

自宅の壁に飾り付け

こども誕生日撮影&部屋飾り付けグッズ おうち写真館なら|グラこころ
こどもの誕生日撮影&部屋飾り付けグッズの「おうち写真館」やこどもの写真や思い出を飾る「おうちギャラリー」などを制作。家族の思い出を生み出すオリジナルデザイン...

これは妻がネットで見つけてきました。自宅の壁に貼るだけで写真館にあるようなセットっぽくなります。その周りには100円ショップで買い集めた飾りをゴチャゴチャと付けました。

壁紙は「1歳」と書かれているのもあったのですが、来年以降も使うことを意識してシンプルなものにしました。やっぱりケチな親です。

\

伝統的なものも

縁起物ということで、一升餅も楽天で購入しました。(お餅に名前を入れてもらったので写真は無しです。)

選び取りカードのセットも付いてきたのでやってみたところ、ハッピーガールちゃんは「楽器」のカードを選択。表現力が豊かな子になるとのこと。ここ最近の喜怒哀楽を見ていると、あながち間違ってはいないような気がします。

そしてもちろんプレゼントも

記念すべき初めての誕生日プレゼントはこれです。

「いないいないばあ」のワンワンのぬいぐるみと、積み木。まあ、普通です。

ぬいぐるみに関しては、おもちゃ屋に連れて行っても基本何でも喜んでくれるのですが、やはり毎日見ているキャラクターが一番食いつきが良かったです。完全に刷り込みです。

また、1歳から手先を動かすことが脳の活性化につながるという話を聞いて、期待を込めて積み木も買いました。まあ、親の子なので活性化されたところでたかが知れてしるかも知れませんけどね。元気に普通に育ってくれればそれで充分です。

ただ、ぬいぐるみも積み木も10分程で飽きてしまった模様。一番興味深そうに遊んでいたのは、積み木の入っていた箱でした。来年の誕生日からは安上がりで済みそうです。だって空き箱で良いんですから。

ここ最近のハッピーガールちゃん

3~4歩なら歩くように

だいぶ前からつたい歩きはしていたのですが、最近は3~4歩なら歩けるようになってきました。ただ、少しでもバランスを失うと、前のめり気味になって猛ダッシュみたいな感じになります。

さらに、ちょっとした段差でもつまづいて大ゴケしては泣いてしまうのですが、なぜか段差のある方や足がとられやすい方ばかり目がけて突進していきます。勇猛果敢なチャレンジャー気質ですが、親としては片時も目が離せません。

やっと夜にまとめて寝てくれるように

これも最近です。以前は1~2時間ごとに一回起きては1時間、ひどいときは2時間くらいずっとぐずぐずしていたのですが、気がついたら夜起きる回数がぐんと減っていました。夜涼しかったりすると一度も起きずに朝まで爆睡してくれます。「夜泣きは気づいたら終わっている」って本当だったんですね。

ちなみに昼寝の回数は変わりません。朝に1回、昼過ぎから夕方にかけて1回。その間に親も体力を回復出来るので助かっていますが、たまに「寝過ぎじゃね?」と思うこともしばしば。

とにかくよくしゃべる

とにかく起きている間は一日中何かをしゃべっています。しかも割とテンション高めで。もちろん言葉にはなっていませんし、会話にもなっていないのですが、それでもお構いなしにずっとしゃべっている、というか叫んでいます。

離乳食はあまり好きじゃなさそう

離乳食はすでに3回食にしているのですが、まだまだ食べたり食べなかったり。昨日はパクパク食べたものでも、今日は全く食べない、なんて日もあります。

ちなみにはなまるうどんのぶっかけうどんはパクパク食べますが、丸亀製麺のぶっかけうどんは全く食べません。親以上に味の違いがわかっているようです。小麦の配分量とかで違っているんでしょうか?食べるものの味については、ある程度の基準を満たしていればOKだと思っている僕には到底理解できません。わが娘ながら。

ハッピーガールちゃん離乳食を食べない→妻のストレスが溜まる→僕に八つ当たり、という構図になってしまうことも多々あるので、色々な願いを込めて早く離乳食をちゃんと食べてくれるようになって欲しいです。

来年も無事に誕生日を迎えられますように

無事に1歳になってくれたことはもちろん嬉しいのですが、その反面親としては不思議と少し寂しい気持ちもあったりします。すくすくと成長して欲しいと思うのと同時に、ずっとこのまま可愛らしい赤ちゃんでいて欲しい、ずっと親と一緒にいて欲しい、と思ってしまいます。

この先何年、親と一緒に誕生日を過ごしてくれるのかわかりませんが、きっと何十回もあるわけではないでしょう。自分に置き換えてみてもそうでしたし。
それでも親子になった日、初めて会った日でもある記念日としてハッピーガールちゃんの心に残るような日にしていきたいもんです。